Fxハイレバレッジの危険性

Fxハイレバレッジの危険性

fxは、危険。という言葉は、fxはレバレッジが高いのでリスクが高い
という意味として考えることができます。

 

破滅への道とも言われますね。

 

 

しかし、本当は、その仕組みやサービスをきちんと知らないのが
ほとんどの人が危険と感じている理由ですから、

 

しっかりと勉強をし、上手く利用すれば
リスクを減らすことができることを知らないのです。

 

 

 

事実、fxでは、レバレッジは高くすることもできる。

 

 

というだけで、必ずしも高い倍率で賭ける必要はないのです。

 

低く設定して賭けることもできるので、
本当は、fxのリスクはトレーダー本人がコントロールできることです。

 

 

それなのにも関わらず、fxは危険というのは、
正直言って間違った思想だと言えます。

 

 

本人が自分で希望して高いレバレッジで
リスクを取ったトレードをしているわけですからね。

 

 

このように、実際は、レバレッジは高くても低くても
賭けられることをもっと広める必要があります。

 

 

fxを始める多くの人が、雑誌や本屋さんなどで
素人が1年間で1億円稼いだ!

 

などと書かれている書籍を目にして興味を持ち、
自分もやってみようと始めることが多いのですが、

 

大抵、短期間でそれほどまでに爆発的な投資成績を収めるためには、
ハイレバレッジでのリスクを取った運用方法が不可欠です。

 

 

そうでなければ、いくら複利の力で差金決済のないfxとはいえ、
凄まじい増やし方はできないです。

 

 

もし、仮にそのような投資成績を納めた人がいたとしても、

 

同じように高レバレッジで運用しようとしたり、
一攫千金を狙ったりして逆に失敗したり、
資金がなくなったりしてしまった人の方が多いです。

 

 

また、短期間でfxでお金を増やすことに成功した人達が、
例えば低レバレッジで運用していたとすれば、
本や雑誌で取り上げられるほどの成績にはなっていなかったことでしょう。

 

 

プロのトレーダーであれば、安定して成績を残せる。

 

 

というのが大前提ですし、それで生活をしていくわけですから、
高レバレッジで運用している人はあまりいません。

 

 

その理由は、高レバレッジであれば、
確かに少ない資金を短期間で大きく負やすことができるのですが、
その思惑と全く逆で上手くいかなかったときに、

 

資金に対して大きなダメージを与えてしまうことを知っているからです。

 

 

お金が既にある人や、プロのトレーダーで専業者にとって、
そんなリスクを取る必要がありませんし、
むしろリスクを取ることのデメリットを知っているのでやらないのです。